パシリテーターBlog

世の中の気になることを徒然なるままに綴ります。

ついにOPEN!話題の人工サーフィン施設「神戸レイーズ」に行ってきました。

2016年7月27日。

国内初となる人口サーフィン施設「kobe-reyes-(神戸レイーズ)」がについにオープンしました。

 

ネットで見ていた完成イメージ▼

 

f:id:iiihayato:20160728202811j:plain

めちゃくちゃいけてるやん!!!

 

関西のサーフスポットは、北は丹後、東は伊勢、南は磯ノ浦で、西は四国と、

自分の住んでいる大阪からはどこのサーフスポットに行くにも片道で最低2~3時間はかかります。

海に行く前には必ず波情報はチェックするのですが、いざ現地に行ったら波がない!!

なんてことはよくあります。。

そんな中、去年ぐらいから話題になっていたのが、

「神戸レイーズ」です。

場所は、Kobe天空リゾート みのたにグリーンスポーツホテルの敷地内。

 

「あれ、えらい山奥やん。」と思ったものの、

 

家から片道1時間でいけるので、

波がない日でもサーフィンができるじゃないか!!

とオープンを楽しみにしていました。

 

 

AM0:30 朗報は突然に。

実はこの日、友人とサーフィンのために大阪から伊勢方面に向かっていました。

しかし、波情報ではセットヒザのいまひとつの予報で、片道3時間かけて行くにはちょっときついなーと話をしていましたが、せっかくの休みやし行こう!とわずかな期待を胸に、京滋バイパスを東に走っていました。

 

友人:「神戸レイーズ、今日オープンやって!!」 

自分:「え!まじで!?」

 

神戸レイーズが今日オープンするという情報を、助手席でネットサーフィンをしていた友人がたまたま見つけたのだ。

 

友人:「こっちの方がええんちゃう!?」

自分:「せやな!そっち行こう!!」

 

 ということで、すぐさま高速を降りて、伊勢とは反対方向の高速に乗り、神戸を目指すことに。

 

友人:「でも...なぜかフルスーツ着用せなあかんみたいやわ。」

自分:「え!、、、こんな暑いのに!?」

友人:「しかもウェットブーツもはかなあかんみたいやし...」

友人:「めんどくさ!...」

 

 実は、オープンを楽しみにしていたものの詳しい情報は知らなかった。

 ということで、必要な荷物を取りに一旦自宅に帰った。

神戸レイーズのオープン初日の営業時間はAM10:00とのこと。

ネット情報では、朝一の1セッションは、中級者向けの波が出るということを見ていたので朝一番に行こう!ということになり、自宅で一旦眠りについた。

 

 

AM9:30 みのたにグリーンスポーツホテルに到着。

f:id:iiihayato:20160728204824j:plain阪神高速箕谷IC」から約5分、ナビ通り進むとホテルの看板が見えてきた。

道中、神戸レイーズの看板は見当たらなかったので、本当にこんな山の中にあるのかな?と若干不安になりながら走ってきました。

f:id:iiihayato:20160728204850j:plain

途中の分岐路に、「神戸KINGS」ののぼりが右側にたくさんついていたので、多分右側にあるのだろうとノボリのある方向に右折。

f:id:iiihayato:20160728204845j:plain

 駐車場に到着。これまた、神戸レイーズの看板はどこにも見当たらないので、

神戸KINGSのノボリがある方向へ、、

ほんまにここにあるんかな!?という場所をてくてく。

 

f:id:iiihayato:20160728213519j:plain

 

 

 

「・・・・」

 

 

 

 

 

「・・・・あれ? 」

 

 

 

 

 

 

f:id:iiihayato:20160728202811j:plain

 

 

f:id:iiihayato:20160728213519j:plain

「・・・・んッ!?」  

 

 

 

「ちょっとイメージしてたんとちゃう...」 

 

 

受付スタッフによると、人口波発生装置の電力が20%程度しか出力できず、セットでスネ〜ヒザしかできませんとのことでした。

 

 

 

入ろうか迷いましたが、せっかく来たので勇気を出して入水しみました。

(※友人は入水しませんでした。)


日本初!人口サーフィン施設「神戸レイーズ」に行ってみた。

 

「うん、今後に期待!!」

f:id:iiihayato:20180130152417j:plain

次の日にまさかの朝日新聞一面に掲載されてました。

「海じゃないけどノリノリ」

 

 

【追記】あれから時を経て、幾度となくリニューアルをしていたみたいです。

www.kobe-reyes.com

 

 やはり人口波を起こすのは相当な設備がいるんだと改めて思いました。安定的なオープン?に向けて何度も挑戦されているんだなと思うと、神戸レイーズの今後に期待が膨らみます。

 

 

テキサスのNランドみたいな施設になってほしいな・・・


Testing Nland, Austin, Texas